補聴器のプレゼント ~絶対に失敗してはいけないポイント解説~

2021年6月25日金曜日

この記事をシェアする
  • B!

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、補聴器関連情報を分かりやすくお伝えいたします。




補聴器のプレゼント(喜ばれるポイントや失敗しない秘訣は?)


補聴器をプレゼントしている女性

お誕生日や敬老の日、大切な記念日に補聴器をプレゼントしたいと考える方は多いと思います。


聞こえが悪くなったから補聴器の購入を検討するというのは、ご本人のためにも、周りの方のためにも、素晴らしいことだと思います。


補聴器をプレゼントして聞こえが良くなったら、とても喜ばれることでしょう。


こちらのページでは補聴器をプレゼントするにあたり、失敗しないためにあらかじめ知っておきたいこと、プレゼントするまでの流れをまとめました。


補聴器をプレゼントする際の一助になれば幸いです。




補聴器をプレゼントする前に知っておきたいこと

補聴器をプレゼントするにあたり、失敗しないために知っておきたいことをご説明します。


結論から言うと、ポイントとしては次の通りです。


ポイント
  1. 難聴を放置すると認知症の発症リスクを高める
  2. 補聴器に慣れるまでに1~3カ月ほどのトレーニングが必要
  3. ご本人が使ってみようと思ってからプレゼントをする

難聴の原因を調べる


補聴器外来で診察しているイメージ

補聴器を購入する前に、まずは聞こえが悪くなった原因を調べる必要があります。


というのも、難聴の原因が単なる耳垢の詰まりだったり、中耳炎などの病気だったりする可能性があるからです。


本当に補聴器が必要なのかを判断してくれるのは耳鼻科(補聴器外来)です。
お近くの耳鼻科はこちらから調べることができます。

補聴器相談医名簿

補聴器は聞き取りづらく不快


補聴器を使って電話をするも、聞き取れず不快に思っている女性。

補聴器が必要と診断されたらプレゼントの検討段階ですが、補聴器を使う前にご本人も周りの方も知っておくべきことがあります。
それは、



補聴器を装着しても「昔のような快適な聞こえには戻らない」



ということです。


多くの方が、補聴器を装着すれば以前のように良く聞こえるものと期待しているかと思います。
しかし、使いはじめの数カ月は「聞き取りづらく、不快」でその不快さをできる限り取り除くために、装着してから1~3カ月はトレーニングが必要になります。


どんなに高額で最新の機能をもつ補聴器を使ったとしても、聞き取りづらさが無くなることはありません。


補聴器に慣れるまで1~3カ月かかる


補聴器を装着してトレーニングしている女性


補聴器の聞き取りに慣れるためのトレーニング期間は、1~3カ月ほどかかると言われています。


ご本人がそのことを分かっていないと、「聞き取りづらく、不快」な補聴器の使用がわずらわしくなり、せっかくのプレゼントが宝の持ち腐れになることも。


それでは誰も幸せになれません。


ご本人が「補聴器には数カ月のトレーニングが必要なこと」に納得し、周りの方も理解したうえで、できる限りのサポートをしてあげてください。


難聴は認知症の発症リスクを高める

難聴は認知症の発症リスクを高める危険因子のひとつです。
厚生労働省が2015年に策定した新オレンジプランにも記載されている事実です。


補聴器が必要になったら、早めに、若いうちに、装着することを心掛けましょう。


ご本人が乗り気ではない場合、プレゼントは逆効果


ご本人が補聴器購入に乗り気ではない場合、補聴器のプレゼントは控えましょう。

ただし、ご本人が補聴器を装着しようとする意志がないうちに、無理やり補聴器を使わせようというのはよくありません。


これが原因で補聴器への拒否反応がうまれ、将来にわたって補聴器を使ってもらえない恐れがあります。


ご本人が使ってみようと思えるよう、前もってお話をする必要があります。


補聴器ではない「集音器」にご注意


補聴器と集音器は全く別物です。購入には十分注意してください。

補聴器に似たもので、集音器というものがあります。
同じような見た目ですが、プレゼントするなら断然に補聴器をおすすめします。


そもそも、補聴器は難聴者を対象とした医療機器で、製品ごとに厳しい検査を受けて一定の効果が担保されています。


これに対して、集音器は単なる音響機器なので、製造販売上での制約がなく、搭載されている機能についても特に規定はありません。


また、補聴器本体は消費税がかかりません。
購入時の参考にしてください。


補聴器 集音器
対象者 難聴の方
(軽度難聴、中等度難聴、高度難聴に細かく設定)
決まりはない
特徴 聞こえを補う 音を集める
制度 医療機器 なし
出力制限 あり
(国が定めた音量内で調整されている)
なし
(規定はない)
消費税 かからない かかる
価格 約20,000円~ 約2,000円~


補聴器をプレゼントするまでの流れ

これまで読んでいただいた方にはもうお分かりだと思いますが、補聴器のプレゼントはサプライズとして不向きです。


購入前にご本人とお話しして、補聴器を使う前の心構えやポイントをお話ししてあげてください。


それでは、補聴器をプレゼントするまでの流れをご説明いたします。


プレゼントするまでの流れ
  1. 耳鼻科(補聴器外来)を受診する
  2. 購入店舗を決める
  3. 補聴器の費用を決める
  4. 補聴器のタイプを決める
  5. お試しサービスを活用する

耳鼻科(補聴器外来)を受診する

前述のように、購入前にまずは耳鼻科(補聴器外来)を受診してください。
全国の耳鼻科(補聴器外来)は、こちらのURLから調べることができます。

補聴器相談医名簿

その際、ご本人がご高齢の場合、ぜひ受診に付き添ってあげてください。
ご本人も喜ぶと思いますし、病院に付き添って診断内容を一緒に聞いてあげれば周りの方も頼りになると思います。


購入店舗を決める

補聴器は店舗で購入できる機種と、通販で購入できる機種に分かれます。


価格の目安(片耳) 5万~50万円
販売方法 対面販売
アフターフォロー あり
医療控除 (※)可能

店舗型補聴器の特徴

店舗型補聴器を買うにあたっては、専任の担当者が、お医者さんとの連携、お客様の購入相談やアドバイス、購入後のフィッティングや細かい音量調節など、懇切丁寧な対応をしてくれます。価格が高い分、高機能な補聴器を取り揃えています。

通販型補聴器の特徴

通販型補聴器は、低価格帯の製品を取り揃えています。機器の機能を極力単純化して通信販売用にカスタマイズしているからです。


補聴器は安価ですが、基本性能は十分に有効です。
はじめて購入する補聴器なら、慣れるまでのお試しとして低価格帯を使ってみるのも十分にアリです。


補聴器は若いうちから使えば慣れるまで早いのですが、年齢を重ねるほど脳の聞き取る力が衰えているので苦労するそうです。


使いはじめは購入しやすい通販型で、できるだけ若いうちから補聴器に使い慣れるのもいいかもしれません。


補聴器の予算を決める

補聴器の予算を決める際に大切なことは、

  • 両耳装着が基本
  • 耐用年数は5年

ということです。


補聴器は各メーカーが両耳装着を推奨しています。また、耐用年数は5年と定められています。


つまり、両耳分を5年ごとに買い替えるイメージで予算を決めましょう。


補聴器のタイプを決める


長所と短所を表しているイメージ画像

補聴器には大きく分けて3つの種類があります。


使う人のシーンや生活様式に合わせて決めましょう。
店舗型では耳かけ型、通販型では耳あな型が人気ですが、近年はマスクが手放せなくなったことで、耳あな型に人気が集中しています。


お試しサービスを活用する


補聴器入門サイト「聞こえタウン」のバナー

少しでも長く補聴器を使うため、お試しサービスを使用してみるといいでしょう。


その際、聞こえ具合や着け心地だけではなく、音量調節やメンテナンスのしやすさも確認しましょう。


補聴器はとても小さいので、取り扱いが少し大変です。


聞こえ具合や着け心地ばかりに意識がいきがちですが、取り扱いやメンテナンスの観点から選ぶことも大切です。


補聴器はお試しサービスを提供している店舗は多いです。
補聴器の入門サイト「聞こえタウン」でも14日間の無料お試しサービスを提供しております。ぜひ、ご活用ください。




全商品14日間の無料お試しサービス 補聴器入門サイト「聞こえタウン」について

補聴器入門サイト「聞こえタウン」は、1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社が運営しています。


  • 通販型補聴器に特化しています。
  • 1982年創業のI・E・I社による補聴器を初めて買う人向けの入門サイト
  • 低価格だけど高機能な、大手ブランド・国内メーカー品を厳選(オムロンヘルスケア、オンキョー、ニコン・エシロール他)
  • トラブル、故障があればメーカーとの間に入って誠実に対応します
  • 電話窓口もあるので、分からないことがあっても安心
  • アフターフォローは半永久的。末永く“おてつだい”させていただきます

  • 全商品14日間無料でお試しいただけます(※返送費用も一切かかりません)


下記の画像をクリックして、ぜひご来店ください。

聞こえタウンバナー



この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階


お問い合わせ
電話:0120-989-808
 通話料無料・午前9:30~午後5:00(土・日・祝日除く)
メール:お問い合わせフォームはこちら

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。入門用補聴器の専門通販サイト【聞こえタウン】および、本コラム【聞こえタウン コラム】を通じて、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、分かりやすくお伝えしていきます。

プロフィール

アイコン

聞こえタウン コラム

入門用補聴器を扱う通販サイト

こんにちは。補聴器通販サイト【聞こえタウン】 コラムです。当サイトでは補聴器に関する様々な情報を発信していきます。

このブログを検索

ブログ アーカイブ

ショッピングサイトはこちら

アルパカタウンのバナー画像
入門用補聴器の専門通販サイト「聞こえタウン」はこちら(画像をクリックしてください)

QooQ