補聴器購入の流れ 初心者が失敗しない秘訣は?

2021年6月24日木曜日

この記事をシェアする
  • B!

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、補聴器関連情報を分かりやすくお伝えいたします。


補聴器を購入するまでの流れ

この記事は、はじめて補聴器の購入を検討している方に向けた記事になります。


補聴器を購入するまでの流れはもちろんのこと、失敗しない秘訣や購入前に知っておきたい情報をご紹介しています。


補聴器を購入するまでの大まかな流れは以下の通りです。



補聴器を購入するまでの流れ
  1. 難聴について知る
  2. 耳鼻科(補聴器外来)で診察する
  3. 補聴器を購入するお店を選ぶ
  4. 自分に合う補聴器を選ぶ
  5. 補聴器をお試しで使う
  6. 補聴器の予算を決める


難聴について知る


難聴で困っている女性のイメージ


難聴認知症を引き起こす危険因子のひとつです。

参考:厚生労働省 『新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)』


難聴を放置すると「聞こえが悪い」だけではなく、脳の認知機能を低下させ、認知症の発症リスクを高めてしまう危険性があります。


それ以外にも、社会生活に様々な支障をきたし、社会的に孤立しやすくなることが報告されています。聞こえが悪くなったら、なるべく若いうちに補聴器を使いはじめるようにしましょう。



耳鼻科(補聴器外来)で診察する



聞こえの悪さを実感したら、補聴器を購入・検討する前に、まず耳鼻科を受診しましょう。難聴の原因が単なる耳垢の詰まりかもしれませんし、中耳炎だったら治療が必要かもしれません。


補聴器外来は全国にあります。こちらのURLから調べてください。


補聴器相談医名簿

http://www.jibika.or.jp/members/nintei/hochouki/hochouki.html

出典:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会



こんなケースも

独立行政法人国民生活センターに寄せられた補聴器購入トラブルのなかで、「不安をあおられ購入したが、医師から耳は正常で必要ないと言われた」ケースがありました。
引用:独立行政法人国民生活センター


※耳鼻科は必ず受診しましょう。



補聴器を購入するお店を選ぶ


どのお店で補聴器を購入しようか悩んでいる男性イメージ

耳鼻科(補聴器外来)を受診後、補聴器の使用をすすめられたら購入・検討の段階です。


補聴器は、調べてみると至る場所で販売されているのが分かります。購入する場所に迷ったら補聴器専門店を探してみましょう。


また、補聴器は店舗型と通販型があり、それぞれメリット・デメリットがあります。


  店舗型補聴器 通販型補聴器
価格の目安(片耳) 5万~50万円 2万~10万円
販売方法 対面販売 非対面
アフターフォロー あり 保証のみ
医療控除 (※)可能 なし
※2020年10月時点

店舗型は専任の担当者がおり、お医者さんとの連携、お客様の購入相談やアドバイス、購入後のフィッティングや定期的な調節など、細かな部分まで面倒を懇切丁寧にみてくれます。


通販型は、低価格帯の製品が多いです。機器の機能を極力単純化して通信販売用にカスタマイズしているので低価格で流通しています。その分、メンテナンスや電池交換など、自分で行う必要があります。



自分に合う補聴器を選ぶ


補聴器は大きく3種類に分けられます。
種類によってメリット・デメリットがあるので、補聴器選びの参考にしてください。


後ほど、補聴器選びのポイントをご紹介します。


耳かけ型補聴器




耳かけ型補聴器は、補聴器の操作部が耳の外に出ていて、引っかけて使用します。高度な機能を搭載することができ、幅広い難聴度合いに対応しているものもあります。


店舗型補聴器で最も売れているのがこのタイプです。


メリット デメリット
・比較的操作が簡単 ・重く感じることがある
・髪が長いと装着が目立たない ・髪が短いと装着していることが分かる
・耳垢の掃除などがしやすい ・眼鏡やマスクをかけるのが煩わしい





耳あな型補聴器



人に気づかれたくない人、運動をする人、眼鏡やマスクを着ける人におすすめです。耳の穴にすっぽりと収まる超小型タイプのため、中等度難聴までの対応品が多いです。


通販型補聴器で最も売れているのがこのタイプです。



メリット デメリット
・装着が気づかれにくい ・電源やボリューム調整、掃除に苦労する
・声の方向が分かりやすい ・洗濯物と一緒に洗う、うっかり紛失などが多い
・眼鏡やマスクの邪魔にならない ・耳垢が多い人、じめっとした耳垢の人には不向き





ポケット型補聴器



本体は胸ポケットなどに入れて、イヤホン及びコードを介して使用します。本体が大きい分、補聴器のなかでは最も高機能です。また、装着や操作が簡単です。
病院で診察を受けるときや家でテレビをみるときなど、一時的な装着にもおすすめです。



メリット デメリット
・操作がしやすい ・持ち運びが煩わしい
・周囲に補聴器の使用を分かってもらえる ・運動やスポーツ時に装着できない
・ハウリング(ピーピー音)が少ない ・コードが邪魔な時がある






ちなみに…

補聴器の通販サイト「聞こえタウン」では、以下の割合で補聴器をご購入されています。

  • 耳あな型:75%
  • 耳かけ型:18%
  • ポケット型:7%

※補聴器の通販サイト「聞こえタウン」にて、2020年9月~2021年4月の注文実績。



購入前にお試しをする



補聴器を購入する前に、お試しサービスを用意している店舗があります。ぜひ、積極的に活用して、聴き比べをしてみましょう。


その際、ご家族が一緒だと聞こえの変化を実感しやすく、また、万が一購入を断るときも安心です。


補聴器を試すときは装着感や聞こえ具合だけではなく、メンテナンスや操作のしやすさも忘れずに確認しましょう。



補聴器の予算を決める



補聴器を購入する際の予算は、次の2つを考慮してください。


  • 補聴器は両耳装着が基本
  • 補聴器の耐用年数は5年

つまり、片耳5万円の補聴器を購入するなら、両耳用で計10万。それを5年ごとに買い替えが可能な金額で予算設定するといいでしょう。




買う前に知っておきたいこと


ここからは補聴器を購入するうえで、知っておきたい補足情報のご紹介です。



難聴を放置するとどうなる


前述のように、難聴は認知症の危険因子のひとつです。


難聴を放っておくと、ご本人は「聞こえが悪くて少し不便」なだけと思うかもしれませんが、難聴の状態では脳に音の刺激が入らず、認知機能が低下する可能性があります。


また、難聴になると周囲とコミュニケーションをとることが億劫になるので、次第に会話も減り、そうしたことも認知症の発症リスクを高める要因になるといわれています。


難聴の放置は「百害あって一利なし」です。


聞こえが悪くなったら、補聴器を積極的に活用しましょう。



補聴器はいつから着ければいいのか

補聴器はなるべく早く、若いうちから着けることが大切です。


同程度の聴力でも早くから補聴器を着けた人と、補聴器を着けはじめたばかりの人では、早くから補聴器を着けた人の方が、音を聞き取る能力に優れており、会話もしやすいです。


耳鼻科で補聴器の装着をすすめられたら、なるべく早めに補聴器を使用してください。



補聴器選びのポイント

補聴器を選ぶ際は使う環境やシーンに合ったものを選びましょう。
先ほど補聴器の種類をご紹介しましたが、自分に合う補聴器が分からない方は下記の「おすすめ補聴器診断」を参考にしてください。


おすすめ補聴器診断チャート




良い補聴器販売店を探すポイントとは?


補聴器購入のトラブルはとても多いので、補聴器専門店など信頼のおける会社で購入するようにしましょう。


次のポイントを確認するのもいいでしょう。


  • 補聴器の専門店である
  • お客様窓口を設けており、電話がつながる
  • 補聴器のお試しサービスができる
  • 通信販売を利用する際は、購入後のお試し期間の有無、返品条件などを確認し、慎重に判断しましょう。(※国民生活センターより引用


購入後のトレーニング


どんな補聴器も使いはじめは「聞き取りづらく、不快」です。


補聴器を装着した瞬間に昔のような聞こえが手に入るかというと、そんなことはありません。快適な聞こえを得るまで、数カ月のトレーニングが必要です。


特に着けはじめは雑音が多く、不快に感じます。
それでも毎日、着用時間を伸ばしながら使い続けてください。



国民生活センターに寄せられたクレーム内容


補聴器の購入に際して、近年トラブルが増えています。国民生活センターに寄せられた、それぞれのクレームをご紹介します。



店舗型補聴器の主なクレーム内容



以下は店舗型補聴器でのクレームを抜粋したものです。


  • 「補聴器を買ったが高くて支払えないので解約したい」
  • 「期待したほど聞こえが改善されないので解約したい」
  • 「店頭などで説明を受けたとしても十分理解・納得したうえでの契約でないケース」
  • 「認知症気味の高齢者が補聴器を購入したが、聞こえないので返品に行ったら、より高額なものをすすめられた」
  • 「すすめられるまま両耳分を契約したが、高額なため片耳分への変更を申し出たものの注文品なのでキャンセル不可と言われた」

引用:国民生活センター(2014年)



通販型補聴器の主なクレーム内容



以下は通販型補聴器でのクレームを抜粋したものです。


  • 「通信販売で補聴器を購入したが、うまく聞こえない」

引用:国民生活センター(2020年)




補聴器には購入補助や助成制度はあるのか

補聴器の購入には医療控除や助成制度があります。
詳しくは下記をご覧ください。




入門用補聴器の専門通販店「聞こえタウン」について


補聴器入門サイト「聞こえタウン」は、1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社が運営しています。


  • 通販型補聴器に特化しています。
  • 1982年創業のI・E・I社による補聴器をはじめて買う人向けの入門サイト
  • 低価格だけど高機能な、大手ブランド・国内メーカー品を厳選(オムロンヘルスケア、パイオニア、ニコン・エシロール他)
  • トラブル、故障があればメーカーとの間に入って誠実に対応します
  • 電話窓口もあるので、ご納得いただいてから購入できます
  • アフターフォローは半永久的。末永く“おてつだい”させていただきます

  • 全商品14日間無料でお試しいただけます(※返送費用も一切かかりません)

下記の画像をクリックして、ぜひご来店ください。




この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階


お問い合わせ
電話:0120-989-808
 通話料無料・午前9:30~午後5:00(土・日・祝日除く)
メール:お問い合わせフォームはこちら

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。入門用補聴器の専門通販サイト【聞こえタウン】および、本コラム【聞こえタウン コラム】を通じて、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、分かりやすくお伝えしていきます。

プロフィール

アイコン

聞こえタウン コラム

入門用補聴器を扱う通販サイト

こんにちは。補聴器通販サイト【聞こえタウン】 コラムです。当サイトでは補聴器に関する様々な情報を発信していきます。

このブログを検索

ブログ アーカイブ

ショッピングサイトはこちら

アルパカタウンのバナー画像
入門用補聴器の専門通販サイト「聞こえタウン」はこちら(画像をクリックしてください)

QooQ