補聴器の種類比較(通販型と店舗型の違いについて)

2021年6月30日水曜日

この記事をシェアする
  • B!

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上の インペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、補聴器関連情報を分かりやすくお伝えいたします。




おすすめの補聴器を知りたい方に




初めて補聴器を購入しようと思いインターネットを調べたけれど、不慣れな用語やたくさんのおすすめ商品を紹介されて、どれがいいのか分からなくなりますよね。


今回は数ある補聴器のなかからどのように選べばいいのかを分かりやすくご説明したいと思います。


このページはこんな方におすすめです
  1. 補聴器を購入しようと考えている人
  2. 自分に合った補聴器の種類が知りたい
  3. 補聴器を購入しようと考えているけど調べるのが面倒

    ぜひ、購入前の参考にしてください。


まず知って欲しいのが、補聴器の購入方法と種類です。


補聴器の購入方法には2種類あり、「店舗型」と「通販型」に分けられます。
また、補聴器の種類は「耳かけ型」と「耳あな型」と「ポケット型」の3つに分類されます。


次の項から具体的に紹介していきます。




補聴器は買う場所によって価格・機能が異なります


店舗型補聴器と通販型補聴器の違い

補聴器は「店舗型」と「通販型」に分かれていまるのをご存知でしたか?これらは単に購入方法の違いだけではなく、価格帯や性能、アフターフォローといった面でそれぞれ異なります。具体的には以下の通りです。


補聴器はお店で購入と通販で購入の2通り

店舗型補聴器


価格の目安(片耳) 5万~50万円
販売方法 対面販売
アフターフォロー あり
医療控除 (※)可能

※2020年10月時点


店舗型補聴器の強みは調整やメンテナンスといった購入後のアフターフォローにあります。
店舗には専門のスタッフが必ずいますので、細かな音量調整やメンテナンスなど懇切丁寧に対応してくれます。


また、店舗型は種類も豊富で、オーダーメイドやカスタマイズが可能な商品もあります。

いろいろと相談したい方、十分にサポートを受けたい方、難聴度合いが高い方、補聴器を装着することによる不快感を少しでもやわらげたい方におすすめです。


平均購入金額は1台あたり15万円と言われています。


通販型補聴器


価格の目安(片耳) 2万~10万円
販売方法 非対面
アフターフォロー 保証のみ
医療控除 なし

通販型補聴器の強みは価格面にあります。


機器の機能を極力単純化して通信販売用にカスタマイズしているので、低価格で流通しているのです。


その分、購入後の調整やメンテナンスはご自身で行う必要があります。
家族のサポートを受けやすく、補聴器の細かい操作やメンテナンスが可能な方、難聴度合いが低くはじめて補聴器を着ける方におすすめです。


平均購入金額は1台あたり2~3万円程度です。


種類の違いについて

店舗型も通販型も共通して、補聴器は大きく分けて3つの種類に分類されます。
それぞれの特徴がありますので、補聴器選びの参考にしてみてください。


耳かけ型補聴器


耳かけ型補聴器のイメージ

耳かけ型補聴器は、補聴器の操作部が耳の外に出ていて、引っかけて使用します。

高度な機能を搭載することができるので、幅広い難聴度合いに対応しているものもあります。

店舗型補聴器で最も売れているのがこのタイプです。


メリット デメリット
・比較的操作が簡単 ・重く感じることがある
・髪が長いと装着が目立たない ・眼鏡やマスクがわずらわしい
・耳垢の掃除などがしやすい ・髪が短いと装着していることが分かる

耳あな型補聴器


耳あな型補聴器のイメージ

人に気づかれたくない人、運動をする人、眼鏡やマスクをよく着ける人におすすめです。
耳の穴にすっぽりと収まる超小型タイプのため、中等度難聴までの対応品が多いです。

通販型補聴器で最も売れているのがこのタイプです。


メリット デメリット
・装着が気づかれにくい ・電源やボリューム調整、掃除に苦労する
・声の方向が分かりやすい ・洗濯物と一緒に洗う、うっかり紛失などが多い
・眼鏡やマスクの邪魔にならない ・耳垢が多い人、じめっとした耳垢の人には不向き

ポケット型補聴器


ポケット型補聴器のイメージ

本体は胸ポケットなどに入れて、イヤホン及びコードを介して使用します。
本体が大きい分、補聴器の中では最も高機能です。また、装着や操作が簡単です。
病院で診察を受ける時や家でテレビを観る時など、一時的な装着にもおすすめです。


メリット デメリット
・操作がしやすい ・持ち運びがわずらわしい
・周囲に補聴器の使用を分かってもらえる ・運動やスポーツ時に装着できない
・ハウリング(ピーピー音)が少ない ・コードが邪魔なときがある

どの補聴器が自分に合っているか自信が持てない方は、以下のおすすめ補聴器診断を試してみてください。


おすすめ補聴器診断の画像

引用:聞こえタウン




はじめての方は通販型補聴器が価格面でも安心

初めて補聴器を購入される方には「通販型」をおすすめしています。
理由は、次の5点です。


  1. 使い始めは、どの補聴器が自分に合うか分からない
  2. 補聴器は両耳装着が基本(耳かけ型、耳あな型)
  3. 安価なものでも基本性能は十分に有効
  4. 補聴器の製品寿命は5年ほど
  5. 補聴器に早く慣れていただきたい

店舗型補聴器は性能が素晴らしく、通販型に比べて相対的に満足度は高いですが、はじめて補聴器の購入を検討される方にとって価格のハードルが高いと考えています。


平均購入金額は1台あたり15万円と言われており、両耳装着をすすめている耳かけ型や耳あな型だと予算は倍の30万円となります。


しかも、補聴器の耐用年数は5年です。


5年ごとに大金を支払って買い替えるのはとても大変ですし、自分に合った補聴器を見つけるだけでも大変なことです。


一方、通販型補聴器は価格が安いので入門用として申し分ありません。理由3にあるように、安価であっても基本性能は十分に有効です。




聞こえが悪くなったら

「聞こえが悪くなったな」「ご家族の聞こえが悪い」そう感じたら、まずは耳鼻科(補聴器外来)を受診していただき、医師の診断を受けてください。
補聴器が必要であれば、ご自身にぴったりの補聴器を見つけて、少しずつでも使い始めてください。


補聴器特有の聞き取りには慣れるまで時間がかかると言われています。そのためにも購入しやすい通販型で、早めに使い慣れていただきたいのです。




補聴器の通販サイト「聞こえタウン」なら人気機種を厳選紹介


補聴器入門サイト「聞こえタウン」は、1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社が運営しています。


  • 通販型補聴器に特化しています。
  • 1982年創業のI・E・I社による補聴器を初めて買う人向けの入門サイト
  • 低価格だけど高機能な、大手ブランド・国内メーカー品を厳選(オムロンヘルスケア、パイオニア、ニコン・エシロール他)
  • トラブル、故障があればメーカーとの間に入って誠実に対応します
  • 電話窓口もあるので、ご納得いただいてから購入できます
  • アフターフォローは半永久的。末永く“おてつだい”させていただきます

  • 全商品14日間無料でお試しいただけます(※返送費用も一切かかりません)


下記の画像をクリックして、ぜひご来店ください。

補聴器の通販サイト「聞こえタウン」のバナー画像





この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階


お問い合わせ
電話:0120-989-808
 通話料無料・午前9:30~午後5:00(土・日・祝日除く)
メール:お問い合わせフォームはこちら

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。入門用補聴器の専門通販サイト【聞こえタウン】および、本コラム【聞こえタウン コラム】を通じて、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、分かりやすくお伝えしていきます。

プロフィール

アイコン

聞こえタウン コラム

入門用補聴器を扱う通販サイト

こんにちは。補聴器通販サイト【聞こえタウン】 コラムです。当サイトでは補聴器に関する様々な情報を発信していきます。

このブログを検索

ブログ アーカイブ

ショッピングサイトはこちら

アルパカタウンのバナー画像
入門用補聴器の専門通販サイト「聞こえタウン」はこちら(画像をクリックしてください)

QooQ